PHP | 三丁目の電脳

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| 2013.06.24 Monday | | - | - | - |
PHP 配列について(表示:その1)
数値がインデックスになっている配列に代入されている
要素・データを個別に表示したり抽出したりする方法につ
いて書いてみようと思います。

・for,count()を使って行う。
・foreachを使って行う。
・while,list(),each()を使って行う。

<html>
<head>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=UTF-8">
<title>PHP 配列について(表示:その1)</title>
</head>
<body>
<?php
    //
    //配列の定義
    //
    $numdata = array( 10, 15, 98, 3, 24);

    //
    //forループ
    //
    $numcount = count( $numdata);
    for ( $i = 0; $i < $numcount; $i++) {
        echo '$numdata[' . "$i] = $numdata[$i]<br>¥n";
    }
    echo "<br>¥n";

    //
    //foreachループ
    //
    foreach ( $numdata as $key => $value) {
        echo '$numdata[' . "$key] = $value<br>¥n";
    }
    echo "<br>¥n";

    //
    //while,list(),each()
    //
    reset( $numdata);       //内部ポインタを初期化
    while ( list( $key, $value) = each( $numdata)) {
        echo '$numdata[' . "$key] = $value<br>¥n";
    }
 ?>
</body>
</html>


因みに私の実働するサンプルURLはここです。

JUGEMテーマ:インターネット
| 2013.03.15 Friday | 12:42 | PHP | comments(0) | trackbacks(0) |
PHP 変数その6(配列2)
前回の記事でやった配列は添え字に数値を使いましたが
今回は添え字に任意の文字列を使用して配列を定義します。
これを連想配列と言います。

定義の仕方はほぼ通常の配列と同じです。(サンプル参照)


<html>
<head>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=EUC-JP">
<title>PHP 変数その5(配列2)</title>
</head>
<body>
<?php
	//
	//配列の定義
	//
	$food1 = array();
	$food1["fish"] = "魚";
	$food1["meat"] = "肉";
	$food1["vegetable"] = "野菜";
	echo $food1["fish"];
	echo "<br>¥n";
	echo $food1["meat"];
	echo "<br>¥n";
	echo $food1["vegetable"];
	echo "<br>¥n<br>¥n";

	//
	//配列の定義
	// 定義と同時にデータを初期化する。
	$food2 = array("fish" => "魚", "meat" => "肉", "vegetable" => "野菜");
	echo $food2["fish"];
	echo "<br>¥n";
	echo $food2["meat"];
	echo "<br>¥n";
	echo $food2["vegetable"];
	echo "<br>¥n<br>¥n";

	//
	//配列の定義
	// 値を代入する事で配列を作成
	$food3["fish"] = "まぐろ";
	$food3["meat"] = "豚肉";
	$food3["vegetable"] = "レタス";
	echo $food3["fish"];
	echo "<br>¥n";
	echo $food3["meat"];
	echo "<br>¥n";
	echo $food3["vegetable"];
 ?>
</body>
</html>

因みに私の実働するサンプルURLはここです。

JUGEMテーマ:インターネット
| 2013.03.13 Wednesday | 09:43 | PHP | comments(0) | trackbacks(0) |
PHP 変数その5(配列1)
配列は1番目の値はxx、2番目の値はyyなどの様に同じ変数名にいくつでも代入する事が出来ます。

配列を定義する方法はいくつかあります。 

1.array()関数を使って定義する。 
2.変数と同じく値を代入する事で配列を作成する。 

配列のインデックスの数字は0からカウントされます。 ただし0を使用せずに1から使用するとか2から使用するとか、任意の添え字で代入する事が可能です。

 

<html>
<head>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=EUC-JP">
<title>PHP 変数その5(配列1)</title>
</head>
<body>
<?php
	//
	//配列の定義
	// 定義しただけでデータは未定義
	$data = array();
	echo  gettype( $data);
	echo "<br>¥n";
	echo $data[0];
	echo "<br>¥n";
	echo $data[1];
	echo "<br>¥n";

	//
	//配列に文字列データを設定
	//
	$data[0] = "文字列0";
	$data[1] = "文字列1";
	echo $data[0];
	echo "<br>¥n";
	echo $data[1];
	echo "<br>¥n";

	//
	//配列の定義
	// 定義と同時にデータを初期化する。
	$food = array("魚","肉","野菜");
	echo $food[0];
	echo "<br>¥n";
	echo $food[1];
	echo "<br>¥n";
	echo $food[2];
	echo "<br>¥n";

	//
	//配列の定義
	// 値を代入する事で配列を作成
	$name[0] = "名前1";
	$name[1] = "名前2";
	echo $name[0];
	echo "<br>¥n";
	echo $name[1];
	echo "<br>¥n";
 ?>
</body>
</html>


因みに私の実働するサンプルURLはここです。

JUGEMテーマ:インターネット
| 2013.03.08 Friday | 10:09 | PHP | comments(0) | trackbacks(0) |
PHP 変数その4(文字列)
PHPで扱える文字列は、英数字や日本語文字列を表す為に使われます。

※文字列長は実用上サイズ制限がないので長い文字列でも気にすることなく使う事が出来ます。

文字列の指定方法は以下の方法で指定する事が出来ます。

・シングルクォーテンション(引用符)
・ダブルクォーテンション(二重引用符)

※ダブルクォーテンションで括った場合には特殊文字のエスケープシーケンスを使う事が出来ます。

エスケープシーケンス
記述 意味
¥n ラインフィード (LF またはアスキーの 0x0A (10))
¥r キャリッジリターン (CR またはアスキーの 0x0D (13))
¥t 水平タブ (HT またはアスキーの 0x09 (9))
¥v 垂直タブ (VT またはアスキーの 0x0B (11)) (PHP 5.2.5 以降)
¥f フォームフィード (FF またはアスキーの 0x0C (12)) (PHP 5.2.5
以降)
¥¥ バックスラッシュ
¥$ ドル記号
¥" 二重引用符
¥[0-7]{1,3} 正規表現にマッチする文字シーケンスは、8 進数表記の 1 文字です。
¥x[0-9A-Fa-f]{1,2} 正規表現にマッチする文字シーケンスは、16 進数表記の 1 文字です。



<html>
<head>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=EUC-JP">
<title>PHP 変数その4(文字列)</title>
</head>
<body>
<?php
	//
	//普通の文字列1(シングルクォーテーション)
	//
	$name = '田中 一郎';
	echo $name;
	echo "<br>¥n";

	//
	//普通の文字列2(ダブルクォーテーション)
	//
	$name = "山田 太郎";
	echo $name;
	echo "<br>¥n";

	//
	//普通の文字列3(ダブルクォーテーション)
	// 文字列内にシングルクォーテーションを含む
	$name = "'山田 太郎'";
	echo $name;
	echo "<br>¥n";

	//
	//普通の文字列4(ダブルクォーテーション)
	// 文字列内にダブルクォーテーションを含む
	$name = "¥"山田 太郎¥"";
	echo $name;
	echo "<br>¥n";
 ?>
</body>
</html>

因みに私の実働するサンプルURLはここです。

JUGEMテーマ:インターネット


| 2013.03.07 Thursday | 13:42 | PHP | comments(0) | trackbacks(0) |
PHP 変数その3(数値)
今回は数値の変数に関してです。

数値┳━整数型
  ┗━浮動小数点数

整数型
  0(ゼロ)
 「1,2,3,…」と続く正の数
 「-1,-2,-3,…」と続く負の数

浮動小数点数
浮動少数点数とは、小数点以下の数値を持った変数になります。



<html>
<head>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=EUC-JP">
<title>PHP 変数その3(数値)</title>
</head>
<body>
<?php
//
//整数値15の整数型変数を作成(10進数で入力)
//
$int = 15;
echo $int;
echo "<br>¥n";

//
//整数値15の整数型変数を作成(8進数で入力)
//8進数で入力する間合いには数値の先頭に0を付ける
$int = 017;
echo $int;
echo "<br>¥n";

//
//整数値15の整数型変数を作成(16進数で入力)
//16進数で入力する間合いには数値の先頭に0xを付ける
$int = 0x0f;
echo $int;
echo "<br>¥n";

//
//浮動小数点数2.8の浮動小数点数型変数を作成
//
$float = 2.8;
echo $float;
echo "<br>¥n";

//
//整数値をオーバーフローさせて浮動小数点数型へ変更させる
//
$int = 3;
echo $int;
echo " " . gettype( $int);
echo "<br>¥n";
$int = $int * 10000 * 10000 * 10000 * 10000 * 10000;
echo $int;
echo " " . gettype( $int);
echo "<br>¥n";
?>
</body>
</html>


因みに私の実働するサンプルURLはここです。
JUGEMテーマ:インターネット


| 2012.03.04 Sunday | 16:10 | PHP | comments(0) | trackbacks(0) |
PHP 変数その2(論理値 boolean)
JUGEMテーマ:コンピュータ


論理値は、その変数に代入される値が「TRUE」あるいは「FALSE」のどちらかを扱う
「真偽の値」を持つ変数です。例えば、数値の値が 0 や 0.0 、何もセットされない
NULLなどが論理値の「FALSE」として扱われます。
実際の記述では、大文字と小文字を区別することはありません。

<html>
<head>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=EUC-JP">
<title>変数その2(論理値 boolean)</title>
</head>
<body>
<?php
$bln1 = FALSE; //論理値 FALSEを設定
if ( $bln1 == TRUE) {
echo "変数bln1はTRUE";
} else {
echo "変数bln1はFALSE";
}
echo "<br>¥n";

$bln2 = 1; //整数型1を設定(0以外なのでTRUE)
if ( $bln2 == TRUE) {
echo "変数bln2はTRUE";
} else {
echo "変数bln2はFALSE";
}
echo "<br>¥n";

$bln3 = 0.0; //float型0.0を設定(0.0なのでFALSE)
if ( $bln3 == TRUE) {
echo "変数bln3はTRUE";
} else {
echo "変数bln3はFALSE";
}
echo "<br>¥n";

if ( $bln4 == TRUE) { //$bln4は変数定義されていないのでNULL(FALSE)
echo "変数bln4はTRUE";
} else {
echo "変数bln4はFALSE";
}
echo "<br>¥n";
?>
</body>
</html>


因みに私の実働するサンプルURLはここです。
| 2012.02.27 Monday | 15:52 | PHP | comments(0) | trackbacks(0) |
PHP 変数 その1
PHPの変数は先頭に$記号を付けて以降、任意の文字(数字は不可)
またはアンダースコア(_)で始まり任意の文字、アンダースコアが
続く形式の文字列で構成されます。

ex1)
$test = 1024;

ex2)
$_test = 1024;

ex3)
$test12 = "teststring";
 
変数への参照指定も可能です。
参照する場合は参照変数に対して&を付けた変数名を指定する。

ex1)
$test = 123;
$ref = &test;

<html>
<head>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=EUC-JP">
<title>define No.1</title>
</head>
<body>
<?php
$test = "元の値";
$ref = &$test; //参照 $refは$testを示す
$copy = $test;

echo "変数copy = $copy";
echo "<br>¥n";
echo "変数ref = $ref";
echo "<br><br>¥n";

$test = "変更";

echo "変数ref = $ref";
?>
</body>
</html>


因みに私の実働するサンプルURLはここです。
| 2012.02.26 Sunday | 16:40 | PHP | comments(0) | trackbacks(0) |
PHP 「Hello World」
JUGEMテーマ:インターネット


これからPHPについて、メモ程度にやっていきたいと思います。
まずは定番の 「Hello World」からです。

単純に表示をechoです。


<html>
<head>
<title>Hello World</title>
</head>
<body>
<?php
echo "Hello World!!";
?>
</body>
</html>




因みに私の実働するサンプルURLはここです。
| 2012.02.24 Friday | 12:02 | PHP | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/1PAGES |