PHP 変数その2(論理値 boolean) | 三丁目の電脳

<< PHP 変数 その1 | main | PHP 変数その3(数値) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| 2013.06.24 Monday | | - | - | - |
PHP 変数その2(論理値 boolean)
JUGEMテーマ:コンピュータ


論理値は、その変数に代入される値が「TRUE」あるいは「FALSE」のどちらかを扱う
「真偽の値」を持つ変数です。例えば、数値の値が 0 や 0.0 、何もセットされない
NULLなどが論理値の「FALSE」として扱われます。
実際の記述では、大文字と小文字を区別することはありません。

<html>
<head>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=EUC-JP">
<title>変数その2(論理値 boolean)</title>
</head>
<body>
<?php
$bln1 = FALSE; //論理値 FALSEを設定
if ( $bln1 == TRUE) {
echo "変数bln1はTRUE";
} else {
echo "変数bln1はFALSE";
}
echo "<br>¥n";

$bln2 = 1; //整数型1を設定(0以外なのでTRUE)
if ( $bln2 == TRUE) {
echo "変数bln2はTRUE";
} else {
echo "変数bln2はFALSE";
}
echo "<br>¥n";

$bln3 = 0.0; //float型0.0を設定(0.0なのでFALSE)
if ( $bln3 == TRUE) {
echo "変数bln3はTRUE";
} else {
echo "変数bln3はFALSE";
}
echo "<br>¥n";

if ( $bln4 == TRUE) { //$bln4は変数定義されていないのでNULL(FALSE)
echo "変数bln4はTRUE";
} else {
echo "変数bln4はFALSE";
}
echo "<br>¥n";
?>
</body>
</html>


因みに私の実働するサンプルURLはここです。
| 2012.02.27 Monday | 15:52 | PHP | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| 2013.06.24 Monday | | - | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kaion.jugem.jp/trackback/227
トラックバック