PHP 変数その5(配列1) | 三丁目の電脳

<< PHP 変数その4(文字列) | main | PHP 変数その6(配列2) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| 2013.06.24 Monday | | - | - | - |
PHP 変数その5(配列1)
配列は1番目の値はxx、2番目の値はyyなどの様に同じ変数名にいくつでも代入する事が出来ます。

配列を定義する方法はいくつかあります。 

1.array()関数を使って定義する。 
2.変数と同じく値を代入する事で配列を作成する。 

配列のインデックスの数字は0からカウントされます。 ただし0を使用せずに1から使用するとか2から使用するとか、任意の添え字で代入する事が可能です。

 

<html>
<head>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=EUC-JP">
<title>PHP 変数その5(配列1)</title>
</head>
<body>
<?php
	//
	//配列の定義
	// 定義しただけでデータは未定義
	$data = array();
	echo  gettype( $data);
	echo "<br>¥n";
	echo $data[0];
	echo "<br>¥n";
	echo $data[1];
	echo "<br>¥n";

	//
	//配列に文字列データを設定
	//
	$data[0] = "文字列0";
	$data[1] = "文字列1";
	echo $data[0];
	echo "<br>¥n";
	echo $data[1];
	echo "<br>¥n";

	//
	//配列の定義
	// 定義と同時にデータを初期化する。
	$food = array("魚","肉","野菜");
	echo $food[0];
	echo "<br>¥n";
	echo $food[1];
	echo "<br>¥n";
	echo $food[2];
	echo "<br>¥n";

	//
	//配列の定義
	// 値を代入する事で配列を作成
	$name[0] = "名前1";
	$name[1] = "名前2";
	echo $name[0];
	echo "<br>¥n";
	echo $name[1];
	echo "<br>¥n";
 ?>
</body>
</html>


因みに私の実働するサンプルURLはここです。

JUGEMテーマ:インターネット
| 2013.03.08 Friday | 10:09 | PHP | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| 2013.06.24 Monday | | - | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kaion.jugem.jp/trackback/232
トラックバック